UV CUT 紫外線・熱中症対策特集

  • 紫外線対策は日差しが強くなる夏と思っていませんか?
    紫外線が1番強い時期は5月~8月にかけてです。また、1日に届く紫外線の50%強が、10~14時の間に届くと言われています。
  • 日焼けによるダメージを最小限に抑えるためには、インナーケアや日焼け止めを塗ることにプラスして、ゴルフならではのアイテムでの防御もマストです。
  • また、紫外線対策をすることは同時に熱中症対策にもなります。クールダウンアイテムをプラスし真夏ゴルフのリスクを軽減しましょう。
  • 早めの対策で、うっかり日焼けも真夏の紫外線もしっかりブロック!
    プレーを快適にするためにも“守り"のケアでゴルフを楽しみましょう。

3月から5月にかけて紫外線量は一気に増えます

  • 対策① 紫外線カット素材のウエアやアイテムを着用する
    アイテム自体にUVカット効果があるものは、塗る日焼け止めと併用すればより効果大。また夏ゴルフを快適にする、吸水速乾や接触冷感機能付きもポイントです。
  • 対策② 反射された紫外線を防ぐ、フェイスカバー・サングラスを付ける
    紫外線には太陽からの直射光を浴びるだけではなく、地表面で反射した紫外線も浴びています。キャップで直接光を防ぎ、フェイスカバーやサングラスで下から照り返された紫外線予防をしましょう。
  • 対策③ クールダウンアイテムで熱中症対策も万全に
    熱中症対策ではこまめな水分補給はもちろん、体温調節をすることも大切です。首の後ろや頭などを冷やすことで、効率的に体内温度を下げましょう。